みなさんがボイストレーニングする目的は様々あると思います。

たとえば、

みんなとカラオケに行った際、歌が上手なところを見せて自慢したい。

話し声に自信がないので、自信が持てるようになりたい。

好きな曲を歌いたいが、サビの高いところで声が出ないので満足できていない。

そこで、

カラオケの点数表示で高得点になるように繰り返し練習する。

ボイストレーニング方法を解説したYoutubeなどの動画を参考にする。

ボイトレ本やCDを買ってきて練習されている方もいらっしゃることでしょう。

わかります、

ちょっとしたコツを知りたいだけだし、

なるべくお金をかけずに、ネット上にあるYoutube動画などの無料の情報等を調べて、

少しの努力でパーンといい声が出せるようにしたい。

しかし、多くの場合、なかなか上手くいきませんね。
なぜでしょう?

上手くいかないのは「練習方法を間違えているから」

答えは明確です。
「練習方法を間違えているから」です。

例えば英語の発声の場合。

なぜあなたの英語はネイティブに通じないのか?
なぜいつまでたってもネイティブの英語が聞き取れないのか?

英語教育を受けているのに、通じない、聞き取れない。

これも、練習方法を間違えているのです。
いままで一体いくら英語学習に投資しましたか?
効果がありましたか?

いくら口に出して英語をしゃべっても効果は低いでしょう。

自分は正しい発音をしていると思っているかもしれませんが、間違っているわけです。

誰かに発音の間違いを指摘してもらい、
正しい発音となるように修正してもらうような練習を繰り返していないからです。

ネイティブは小さいうちから、それを家庭や学校教育でやっているわけです。

発声が上達する、もっとも安い効果的な方法

発声が上達する、もっとも安い効果的な方法は、英語発声上達の方法と同じです。

その方に合った発声練習を行う必要があります。

その方の声の状況を正確に把握し、
正しい発声方法を指導してもらえるトレーナーの方に見てもらって下さい。

例えば、発声するときに息を多く使い過ぎている人の場合、
息を多く使い過ぎない発声練習をする必要があります。

逆に、発声するときの息が少なすぎる人の場合、
息を効率的に流す発声練習をする必要があります。

多くの方は、自分がどちらなのかも知らず、我流の発声練習をしてしまい、
声帯に不調をきたすことが多いのです。

発声練習は基本的にオーダーメードな練習方法が必要な分野です。
無料情報をうのみにして、自分の判断で練習するのは避けたほうが無難です。

自分の状態を正しく把握せず、我流で練習してしまうと、
本来、活性化するべき筋肉以外の「代理筋」が発達してしまう可能性が高くなります。

そうなったあとでは、
正しい発声に戻すまでに、より多くの正しいトレーニングを行う必要が発生し、
かえって費用が掛かってしまうわけです。

残念ながら、この現実に気付けないうちは、
英語学習と同様、いつまでも自分の目的に近づくことができないわけです。

ぜひ発声器官が重症化する前に軌道修正してください。

思い込みや、変な肉体的なクセがついてしまう前に、最初から正しい発声練習を行うことがいかに大切か、ガッテンして頂けましたでしょうか。

自分の状況を把握したうえで、自宅で簡単に行えるボイストレーニング(ボイトレ、発声練習)のやり方

1、呼吸法

最も勘違いされているのが呼吸法です。特に男性は力が強いですから、過剰な腹式呼吸は避けて下さい。

「ロングブレスのために腹式呼吸」という解説も見受けられますが、
沢山の空気を腹に吸い込めばロングブレスができるというものではないのです。

沢山の空気を吸い込むとむしろ「流量制御」が難しくなります。
その結果、安定的な音声を発することは難しく、
また、声帯には過剰な流量の空気をあててしまう可能性が高まります。

多くの方は強すぎる流量で声帯を痛めています。声帯も乾燥しますしね。
自分が思うより、もっと少ない流量の息で、
十分な声量とロングブレスが得られます。

実際には、
息を吸うときは交換神経優位、
息を吐くときは副交感神経優位で、
自律神経が正常に呼吸をコントロールします。

発声において呼吸は「自分で過剰なコントロールをしない」ことが肝要です。

2、「声帯筋」と「声帯を吊る筋肉」のトレーニング方法

ボイストレーニング方法として肝要なことは、
「声帯筋」と「声帯を吊る筋肉」のトレーニングです。

滑舌トレーニングや、リップロール、タングトリルなどがボイストレーニングとして紹介されていることがあるようです。
これらのトレーニングは効果が限定的で、なかなか発声は上達しません。
なぜなら、肝心な「声帯筋」や「声帯を吊る筋肉」のトレーニングになっていないからです。

「声帯筋」と「声帯を吊る筋肉」のトレーニング方法は、
いろいろなタイプの声を使って循環させることです。

いろいろなタイプの声を使って循環させるには、
普段は使っていない喉の筋肉や神経にアプローチすることが大事です。

例えば以下のような声を実際に発声することをおすすめします。

まずは裏声を練習します。
「ミッキーマウス」の声のような裏声を出してみます。
「ミッキーマウスだよ~」の音声を真似してみて下さい。

次に、「目玉のおやじ」のような裏声を出してみます。
「オイ、キタロー!」の音声を真似してみて下さい。

次に、地声を練習します
志村けんの「バカ殿」のような地声を出してみます。
「アイーン」の音声を真似してみて下さい。

次に、「正義の味方」のように元気よく明るい地声で笑ってみます。
「ハッ ハッ ハッ ハッ」の音声を真似してみて下さい。

そしてこれらの声を間髪を入れず、順繰りに循環して発声してみて下さい。
「ミッキーマウスだよ~」→「オイ、キタロー!」→「アイーン」→「ハッ ハッ ハッ ハッ」→
「ミッキーマウスだよ~」→「オイ、キタロー!」→「アイーン」→「ハッ ハッ ハッ ハッ」→
「ミッキーマウスだよ~」→「オイ、キタロー!」→「アイーン」→「ハッ ハッ ハッ ハッ」・・

ここに紹介したようなボイトレ方法でしたら、自宅で簡単に遊び感覚で発声練習できますね!
ぜひお試しください。

おわりに1

ここで紹介した「声帯筋」と「声帯を吊る筋肉」のトレーニング方法も、
実は、その人の「声の状況」を正確に把握したうえで、オーダーメードなトレーニングが必要です。

裏声の練習ばかりとか、地声の練習ばかりにならないようにして下さい。
バランスよく練習するようにして下さい。

早合点すると間違ったトレーニングとなります。
適切なトレーナーの指導のもとで発声練習されることをおすすめします。

おわりに2

いろいろ解説しましたが、
さらに大切なことは「楽しく歌う」ということです。

たいていの方は、余計な思考、余計なこわばりがスムーズな発声の邪魔をしています。
「楽しければ、笑っていれば」余計なこわばりも抜けて楽に声は出るものです。

この記事が少しでも皆様の「気付き」のお役に立てれば幸いです。

生徒さんの感動の声

対面と変わらない質でオンラインレッスンを受けています(70代 男性)
初めてラクに高い地声が出て感動しました!(20代 女性)
声で遊ぶという言葉がとても印象的だった(60代、女性)
笑顔が増えることを祈っています(精神科医・名越康文)
フースラーメソードが持つ人間観、世界観に感動しました(作詞家・覚和歌子)
ボイトレ教室の先生が、私の声の変化に目を丸くしていました (30代 女性)
希望を与えてくれたこの素晴らしい発声法に感謝(70代・女性)
最初から奥村先生のレッスンを受けていれば良かった(20代・男性)
音楽教育を受けていなくてよかった、と言ってくれた(90代・男性)
フースラーメソードの魔法を、目の当たりにしたような体験 (松尾正幸)

お問い合わせはこちらをクリック 初回レッスンnお申し込みもこちら

自宅で簡単にボイストレーニング(ボイトレ、発声練習)する方法
ボイストレーニングとは
本格的にボイストレーニング(発声練習)をする前に大切なこと
裏声が出るのは、喉が諦(あきら)めるから???
「フレデリック フースラー うたうこと」に関連する「ボイストレーニング(発声練習 ボイトレ フースラーメソード)本」を紹介
フースラーボイストレーニング東京教室_初心者向け簡易用語集