フースラーメソードが持つ人間観、世界観に感動しました(作詞家・覚和歌子)

覚和歌子先生の写真

声量がない。支える筋肉がない。声が不安定に揺れる。などいくつものコンプレックスをずっと抱えながら歌っていました。

年齢がもたらす不具合には勝てないのかとへこみながらも「歌わない」という選択は考えられなくて、思い入れが強いだけに自分の不全感に悩んでいました。

フースラーメソードを紹介していただいた時、このメソードが持つ人間観、世界観に感動しました。

失われたと思い込んでいた音域の声が楽々と出せた時の喜び。

それは、歌うことの自由が、生きることの自由、存在の自由に直結しているのだと教えてくれました。

これまでの西洋的ボイスメソードが提唱する「これが最良の声」「こうであらねばならない」という一見確固たるまなざしがとりこぼすものは、この誰にも許されているはずの「歌うことの喜び」だったのではないでしょうか。

武田梵声先生(フースラーメソードの第一人者)に出会い、この窮極の発声メソードと縁をつなげた多恵子先生の飽くなき探究心。

シンガーソングライターとしての現場をご存知なだけあって、歌い手の心理などに至るお気遣いの細やかさ、生徒の状態に合わせた柔軟なレッスンの作り上げ方、気さくなお人柄など、いくつかのボイトレをストレスとともに行脚してきた私にとっては、多恵子先生に出会って目からウロコが落ちる思いでした。

千と千尋の神隠し 主題歌「いつも何度でも」の作詞家
覚和歌子

 

お問い合わせはこちらをクリック 初回レッスンnお申し込みもこちら

対面と変わらない質でオンラインレッスンを受けています(70代 男性)
初めてラクに高い地声が出て感動しました!(20代 女性)
声で遊ぶという言葉がとても印象的だった(60代、女性)
笑顔が増えることを祈っています(精神科医・名越康文)
フースラーメソードが持つ人間観、世界観に感動しました(作詞家・覚和歌子)
ボイトレ教室の先生が、私の声の変化に目を丸くしていました (30代 女性)
希望を与えてくれたこの素晴らしい発声法に感謝(70代・女性)
最初から奥村先生のレッスンを受けていれば良かった(20代・男性)
音楽教育を受けていなくてよかった、と言ってくれた(90代・男性)
フースラーメソードの魔法を、目の当たりにしたような体験 (松尾正幸)