声のための「医食同源」的発想

ボイストレーニング教室_虹色発声®_小鳥先生

ボイストレーニング教室_虹色発声®_小鳥先生

声のための「医食同源」的発想

古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など必要としないという薬食同源の考えをもとにした造語といわれる「医食同源」。

食事は医療の根本であり、病気を治す薬と健康を増進する食事とは、本来根本は一緒であるから、日常の食生活に留意することが大切だとする東洋医学の考え方です

「歌声だけよくなりたい」

「高い声さえ出ればいい」

「この仕事をやり切れたら今は無理もしょうがない」

「オーデションだけ受かりたい」

「ライブだけ乗り切りたい」

「この講義だけ乗り切れたらOK」

などなど。

 

発声練習をしながら、喉も心も体も健全を取り戻す

今、この歌の高音が一瞬出せたとして、明日喉が痛くなっても、それは良いことでしょうか?

今、食べたいものを全部食べて、健康を害しても、それは良いことでしょうか?

食べながら、健康になっていく。

発声練習をして、喉が痛くなるのは、ジャンクフードを食べたいだけ食べて、気持ち悪くなっているのと同じです。

一瞬の満足のために、健康を害していることが、良いことだとは決して思えませんね。

発声訓練をしながら、喉も心も体も健全を取り戻す。

そうしたら、自分が頑張るだけでは成し得なかった「喉に何も感じないのに大きな声が出ちゃった」感を得ることができます。

声は、出すのではなく、出ちゃうんです。

そこまできたら、声を出すって、あー楽しい!の世界です!