フースラーメソードで声帯ポリープが消えた事例

フースラーメソードで声帯ポリープが消えた事例

 

フースラーメソードで声帯ポリープが消えた例をご紹介致します。フースラーメソードによるボイストレーニングは医療行為ではありません。しかし、実際にフースラーメソードを継続して発声練習をされていた方が、手術すること無く、声帯ポリープが消えたので、ご紹介致します。

polyp_1st

ボイストレーニング開始直前のポリープの様子_2018年5月

初期の写真です。左の声帯(写真下側)に赤茶色いポリープ(血豆)が出来ているのがわかりますでしょうか?ポリープが出来、嗄声(させい=声枯れのこと)が始まった事の相談を受けました。この方は、看護師さんです。旦那様は歯科医です。大学病院の耳鼻咽喉科の先生に手術を勧められ、私が相談を受けた時点では、手術日程が決まっていました。フースラーの「Singen」には、この発声法はセラピーであり、耳鼻科で治療できない範囲の治療が可能なのだと書いてあります。実際は医療行為ではないので、現在私がこれを治療と呼ぶことはできません。しかし、この生徒様と相談し、大学病院の先生、歯科医である旦那様にも相談していただき、手術を一旦取りやめていただきました。少し、発声法で様子を見させて欲しいと。

polype002

ボイストレーニングを12ヶ月実施後のポリープの様子_2019年5月

12ヶ月間、フースラーメソードによるボイストレーニングを行なった結果です。お忙しい方なので、それほど頻繁にレッスンできたわけではありませんが、懸垂のバランスと声区のバランスを取る訓練をしたことで、だいぶ声が出しやすくなってきた頃です。手術はしていません。

polype003

ボイストレーニングを16ヶ月実施後のポリープの様子_2019年8月22日

16ヶ月間、フースラーメソードによるボイストレーニングを行なった結果です。ポリープは消え、綺麗な声帯となりました!!

生徒様から、この写真を送って頂いた時のメールです。

『おはようございます。いつも、お世話になります。今日耳鼻科受診でした。

ポリープ完治しました!大学病院の耳鼻科診療室に歓声が響きました。
奥村先生の発声を試みていることは、カミングアウトしていたので、「発声法が効いたね〜」と、言われました。
嬉しかったのは私だけではなく、耳鼻科の先生も大変喜んでくださいました。
奥村先生、感謝‼️申し上げます。先生のボイトレのおかげで、心理的にも随分気づきがありました。心と声の深い関係。ますます、このボイトレに興味が湧いています。これからもよろしくお願いします。』

嬉しい結果です。再度念を押しておきますが、フースラーメソードによるボイストレーニング は医療行為ではありません。全ての方に成果があるとは限りません。また、フースラーメソードによるボイストレーニングで必ずポリープが治ると誤解を与える意図もありません。しかし、偉大なフースラー、武田梵声両先生の教えの通り「刺激を与え神経支配やトーヌスを回復させ、統合させていく」事を忠実に行なった結果、手術する事なく、声帯ポリープが消えたことは紛れも無い事実です。Nさん、良かったね♬

レッスンについて→こちらをクリック