10月27日:声と心のとらわれに気づく!『フースラー発声学×解剖学×セルフ指圧』ワークショップ

 

ワークショップのイメージ画像

ワークショップのイメージ画像

10月27日より、月1回講座始まります!
声と心のとらわれに気づく!『フースラー発声学×解剖学×セルフ指圧』ワークショップ

フースラー発声学×解剖学×セルフ指圧』ワークショップ概要

詳細(お申し込み)はこちら

場所は相模大野です。

『フースラー発声学×解剖学×セルフ指圧』ワークショップ概要

『フースラー発声学×解剖学×セルフ指圧』ワークショップ概要

最近、某有名デュオのお一人が国家斉唱をして話題になりました。少し失敗した様な『ゴケっ』という音声が歌唱途中に(2ヶ所)入ったことで、『失敗した歌』というあまり好ましくない印象を人々に与えてしまったようです。某有名ギタリストさんは、『歌唱の前に深くお辞儀をし、発声の際大切な横隔膜と喉との間のバランスが崩れたためではないか』と推測発言をされていました。この方が一番言いたかったのは、『一度のミスで酷評するな』というポイントだと思いましたので、それについては賛同します!が、声が上手くいかなかったのは、歌唱の前に深くお辞儀をし発声の際大切な横隔膜と喉との間のバランスが崩れたためではないかというところ、ここが問題です。

某有名ギタリストさんの問題と指摘しているのではなく、この様にプロで音楽、歌を生業としている人達でさえ、声に問題が起こるといつも呼吸論や精神論に置き換えて語る風潮が問題と言いたいのです。

喉には沢山の筋肉があり(約60)、私達は、いつもこの筋肉をかたよって使っているのです。日替わり定食の様に、毎日違う声でしゃべったりする人は、まずいないですからね。だいたい『自分の声』を発声するための決まった筋肉しか使いません。プロ歌手は何でも上手に歌えると一般的に勘違いされていますが、プロ程に喉の筋肉をかたよった形で使っています。『その声』で売れているのですから、『その声』を出すための筋肉を酷使します。声の世界は、誤解の多い世界です。解剖学を知ると、その誤解が解けます。どこがどう動くと高音が出るのかわかった方が良いと思いませんか?!根性論や感覚だけの論理はもう終わりにしましょう!

また心理的な面でも、声は非常に左右されやすいものです。上手い、下手にとらわれすぎても、心が不自由になり、自由になりたくて趣味で歌を習っても、ミイラ取りがミイラになってしまう例も少なくありません。沢山の注意事項を言われて、がんじがらめになってしまうのです。そんなのおかしいと思いませんか?!

楽しくわかりやすく、普段使わない声を出しながら、喉の中の筋肉を調整していきます。喉の筋肉は不随意筋なので、意志ではコントロール出来ませんが、どの様なタイプの声色を出すとどの筋肉が動くかまでわかっていますので、
『フースラー発声学×解剖学×指圧療法』講座では、フースラー発声学の楽しい実践と日本指圧専門学校の解剖学講師でもある、つむぐ指圧治療室院長のわかりやすい解剖学解説で、声の自由を獲得するための理解を深めていきましょう!

ちなみに、冒頭で述べました某歌手の『失敗歌唱』は、喉を吊る筋肉『喉頭懸垂機構』のバランスが崩れたことにより起こってしまった現象です。この講座では、声の足場とも呼ばれる『喉頭懸垂機構』の鍛え方も実践していきます。どんなタイプの声のお悩みにも対応致します。私なんかが参加して大丈夫?!大丈夫です!声を出したくない方は、声を出さずに参加する形でも大丈夫です!(慣れてきたら、声を出したくなってきます!)

ご縁を大切に『つむぎ』ながら、声と心のとらわれを解いていきましょう!

私達にお任せ下さい♬

 

詳細(お申し込み)はこちら