1. ホーム
  2. 生徒さんの声
  3. よしこさん

生徒さんの喜びの声

声で遊ぶという言葉がとても印象的で、目からウロコだった
(よしこさん・60代)

* *

出せる声の音域が狭くなってきたと感じたのと、高齢の母の様子を見ていて、喉の老化があることに気づき、近い未来に備えようと思い通い始めた。

フースラーメソードで、地声と裏声のつなぎが以前より出来るようになった。裏声が、よりよく出るようになった。

今まで、何人もの声楽の先生に習って来たが、いつもよくわからないままになってしまっていた。

多恵子先生は、具体的にわかりやすく説明してくださる。イメージして声を出していると、自分なりに楽しくどこででも声を出せるようになった。

構えて練習するのではなく、日常の生活音を声真似するのだって、立派な発声練習になるのよー、と教えていただいた。きちっとやらなくては、と思っていた私には、声で遊ぶという言葉がとても印象的で、目からウロコだった。

今までは、高音になると怖くて構えてしまっていつも失敗していた。フースラーメソードを教わってからは、うまく歌おうとか、変な声を出さないようにとか、そういう意識を取っ払ってしまっていいんだ!!と、とても自由で開放的な感じになり、声を出すことに対する恐怖がなくなった。

*