ボイトレ日記

ボイストレーニングを習って、苦しくなっていませんか?

*

ボイストレーニングを習っているのに、上手くなった感じがなく、毎回あれこれと注意を受けて、歌うことが苦しくなってきた。

音大の声楽科を出たので、本当は発声のことを理論的に説明できる訳でもないのに「何もかも発声のことは知っているんでしょう??うまくて当然!!」と思われていることがプレッシャーで、歌うことが嫌になり、音楽から離れてしまった。

など、そのような方々が、私のところに来てくださいます。

そして、数回フースラーメソードでレッスンをすると、皆さん一様に「声を出すことはやっぱり楽しい!自由に歌っていいんですね!!今まで色々な注意を気にしてビクビク歌っていたのはなんだったのか??」とおっしゃってくださいます。

教えさせていただいていて、とてもとても嬉しいお言葉の一つです。

声帯や喉を吊っている筋肉の動き、役割、それらをきちっと伝えて、訓練方法を提示させていただくと、例外なく皆さん目からウロコが落ち、開花されていきます。

狭い平均台の上を「落ちるな落ちるな」と言われて極度の緊張で歩くのと、「自由に走り回っていいよ」と草原の上に放たれるのと、どちらがいいですか?

例えて言うなら、フースラーメソードは、後者の発想です。

フースラーメソードで「正しく声を出さねば呪縛」から解き放たれ、笑顔になる方が一人でも増えたら、本当に嬉しいです。